So-net無料ブログ作成
-| 2009年09月 |2009年10月 ブログトップ

耳が痛いです

TEN「絵が奇麗というのと画力が高いというのは、実は似てるようで似ていないのです。
イラストの世界と漫画の逆援は全くの別モノだと考えて下さい。
イラスト(イラストレーション)とは動きの無い絵、挿絵や1枚絵などともいわれます。
それに対して漫画は、キャラの表情、動き、ポーズ、デッサン力などを総合して
はじめて画力の高さが判断されます。
しかもイラストのように一枚一枚じっくりと描いていられるわけではなく、
締め切りという逆援のおかげで描くスピードも要するわけです。
連載が始まると自分の実際の画力よりも多少レベルが下がると思って下さい。
つまり、画力とはいかにキャラクターを生きたまま動かせるかということなのです。
中には顔は奇麗上手に描けるのに体は全く描けないという人が稀にいますが・・・、
これはキャラの顔の絵ばかりを描いていていたゆえにそれに慣れて、
他の部分の練習を怠っていた結果だと言えます。


-|2009年09月 |2009年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。